日本とフランスの交流をテーマにした文化体験イベント『時の響』2018を開催

10/19~21、京都コンサートホールで、音楽とアーカイブ映像、展示や食の体験

2018年6月29日

大日本印刷株式会社(DNP)は、京都の文化遺産の公開活動の一環として2018年10月19日(金)~21日(日)に、「フランスが驚いた日本、日本が憧れたフランス。響き、味わう、文化の祭典 『時の響』2018」を京都コンサートホールで開催します。

【『時の響』2018について】 

DNPは、文化遺産の保存と継承、公開という社会課題の解決に継続的に取り組んでおり、貴重な文化遺産を高精細4K映像でアーカイブする「京都・文化遺産アーカイブプロジェクト」の活動や、通常は公開されていない文化財や美術作品を特別に鑑賞するプログラム「京あそび ~ここでしか見られない“ほんもの”にふれる講座~」などを行っています。
昨年に続き2回目の開催となる『時の響』は、音楽と映像、食などによる新しい趣向の体験イベントとして、未来に向けて文化芸術の価値を発信し、「文化と出会い交流する機会」を創出することを目指しています。本年は、日仏友好160周年、京都・パリ友情盟約締結60周年であり、『時の響』2018では、明治の文明開化から今日につながる両国の文化交流をテーマにしたイベントとして開催します。“4K映像とともに楽しむアーカイブコンサート”、“マルシェの雰囲気が楽しめる京のフレンチフェア”、“日本と西洋の伝統音楽の融合など、さまざまなアーティストのパフォーマンス”を提供します。また、最先端のデジタル技術でアーカイブされた映像や展示物を通して、過去・現在・未来の文化芸術に出会える“文化芸術の交流展示”も行います。

*『時の響』2018の詳細はこちら → https://kyo-asobi.kyoto/tokinohibiki2018/

【『時の響』2018の見どころと概要】

1.オーケストラやパフォーマンスと共に高精細映像を楽しめる“4K アーカイブコンサート”(大ホールプログラム(6プログラム))

明治期の京都の風景や当時のフランスのジャポニスムの作品等を紹介する『時の響』オリジナルのコンセプト映像とともに、京都市交響楽団等が演奏する当時の世界の音楽やフランス音楽、歌や朗読などが楽しめる、音と映像のコラボレーションを提供します。
○チケット価格(税込) : 2,000~5,000円(※各プログラムにより異なります)

京都市交響楽団 (C)伊藤菜々子

2.アンサンブルホールムラタプログラム (6プログラム)

日本と西洋の伝統音楽の融合、明治時代のサイレントフィルムの上映、「動物の謝肉祭」の朗読コンサートなど、さまざまな視点から過去・現在・未来の文化芸術を体感できるプログラムです。
○チケット価格(税込) : 1,500円~3,000円(※各プログラムにより異なります)

3.文化芸術の交流展示・体験・ワークショップなど

フランスと日本の文化芸術の交流をテーマにした企画展示を京都コンサートホールの2階大ホールホワイエで行います。DNPの文化遺産アーカイブの活動を中心に、フランス国立図書館所蔵の地球儀・天球儀のアーカイブ展示とVR(Virtual Reality:仮想現実)体験、「DNP高精細デジタル複製 伝匠美(でんしょうび)*」の技術で複製した林原美術館所蔵 洛中洛外図屏風(池田本)や、浮世絵等に影響を受けたフランスのジャポニスム作品展示(複製)など、歴史的アーカイブを間近に鑑賞・体験できます。
○入場料 : 無料

VR体験

洛中洛外図屏風(池田本)

4. 同時開催 五感を満たす京のフレンチフェア

屋外プロムナードに京都のミシュラン星付きのフレンチレストランやスイーツ店、パン屋が出店します。シャンパンなどを飲みながら、フランスのマルシェの雰囲気を楽しむことができます。
○入場料 : 無料(飲食をする場合は、別途フレンチフェアチケットを購入)

5. 同時開催 京都・北山エリア周辺と連携したイベント

北山街協同組合や京都府立京都学・歴彩館などと連携したイベントの開催を予定しています。


□会期 : 2018年10月19日(金)18:00~21:00、20日(土)10:00~18:30、21日(日)10:00~17:00
□会場 : 京都コンサートホール
□主催 : 『時の響』実行委員会(大日本印刷(株)、(公財)京都市音楽芸術文化振興財団、 (株)エフエム京都、(株)リーフ・パブリケーションズ、ミホプロジェクト)
□共催 : 京都府、京都市
□後援 : 明日の京都 文化遺産プラットフォーム、京都商工会議所、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、 (株)エフエム東京
□特別協力 : 京都新聞
□協力 : 文化庁 地域文化創生本部、北山文化環境ゾーン交流連携会議、北山街協同組合

【今後について】

DNPは、京都・文化遺産アーカイブプロジェクトでデジタルアーカイブの構築に継続して取り組むなど、文化の保存と継承、公開に関わる活動を推進していきます。今回の取り組みをはじめとし、今後も多くの人々が文化を学び、体感していただけるような文化事業を展開していきます。


*「DNPデジタル高精細複製 伝匠美®」について】 (http://www.dnp.co.jp/denshoubi/
「伝匠美」は、文化財の保存と公開の両立を目的に、DNPが開発した文化財複製の技術です。1999年に取り組みを開始し、高精細デジタル技術と伝統工芸の匠の技を融合させることで、精緻な再現性と耐久性を両立した文化財複製を展開してきました。主な実績として、東京国立博物館の応挙館、大徳寺聚光院(京都府京都市)、慈照寺(銀閣寺)(京都府京都市)、大乗寺(兵庫県香美町)、無量寺(和歌山県串本町)、一休寺(京都府京田辺市)の襖・壁画などの複製制作があります。