しずおかMaaSが実施するAIオンデマンド交通サービスの実証実験に参画

誰でも利用できるタッチパネル式屋外サイネージでデジタルデバイドを解消

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、「静岡型MaaS基幹事業実証プロジェクト(しずおかMaaS)」が実施する、AIオンデマンド交通サービス*(のりあい号)による呼出機能の実証実験に参画します。本実験においてDNPは、交通機関の乗り換え等を行う駅前などのモビリティポート(交通結節点)整備の一環として、タッチパネル式屋外サイネージを提供します。

* AIオンデマンド交通サービス:AI配車システムにより乗合運行するドア・ツー・ドアの移動サービス

【実証実験参画の背景】

「静岡型MaaS基幹事業実証プロジェクト(しずおかMaaS)」は、誰もが利用しやすい新たな移動サービスの提供と、このサービスを活かした持続可能なまちづくりを目指して、2019年5月に発足した地域密着型の官民連携コンソーシアムです。

MaaS(Mobility as a Service)とは、ICT(情報通信技術)を活用して、すべての交通手段をクラウドネットワークで連動させ、シームレスに移動(モビリティ)を一つのサービスとして提供するもので、地域社会でも人口減少や高齢化が進行するなかで期待が集まっています。

DNPは2019年10月から、しずおかMaaSに技術会員として参加しています。今回DNPは、2020年度の本プロジェクトにおいて、静岡市のJR草薙駅前とJA清水厚生病院に通信型タッチパネル式屋外サイネージ(のりばに設置された呼び出し画面)を提供します。これにより、AI配車システムによってリアルタイムな需要に応じるAIオンデマンド交通を気軽に予約できる「しずおかMaaS」の実証実験に参画します。

【実証実験の概要】

  • 実施期間 : 2020年11月1日~12月25日
  • 実施場所 : 静岡県静岡市内のJR草薙駅前(草薙駅南口のりば)とJA清水厚生病院(清水厚生病院のりば)の2ヶ所に屋外サイネージを設置(通信型タッチパネル式屋外サイネージを各所1台、合計2台設置)

実証実験の内容 : 

  • しずおかMaaSが、スマートフォンなどの取扱いに慣れない住民を中心に、実験の参加者を募集します。参加者は事前登録が必要です。
  • スマートフォンやタブレット端末、パソコンなどの取扱いに慣れない住民でも、屋外サイネージを利用して簡単に、AIオンデマンド交通の自宅までの配車予約が可能です。
  • 周辺を走るAIオンデマンド交通(のりあい号)の位置も屋外サイネージで確認できます。
  • 利用者がIDを入力するだけで、屋外サイネージが設置されているJR草薙駅前(草薙駅南口のりば)またはJA清水厚生病院(清水厚生病院のりば)から利用者が予め設定した自宅(降車場所)までのルートが自動でAIオンデマンド交通側に共有されるため、ドライバーへの降車場所を指示する手間が省けます。
  • こうしたサービスを通じて、AIオンデマンド交通サービスの利用者拡大が期待できます。

【今後の展開】

DNPは、本プロジェクトの実証実験を通じてモビリティポートの最適な在り方や、生活者がもっと身近に、かつ簡単に移動手段を確保する機能の検証を進めます。

今後も、引き続き自治体や企業等が主導する「地域MaaS」の取り組みなどに参画し、地域一体となった移動(モビリティ)関連の課題を解決する価値の提供に努めていきます。


※ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。