グループビジョン

DNPグループのビジョンや企業理念を紹介します。

DNPグループビジョン2015

DNPは明治9年(1876年)に秀英舎として創業。その舎則には「文明ノ業ヲ営ム」という表現があり、明治維新後の文明開化のなかで、新しい価値を提供していく志を示していました。

その志はいまにつながり、「DNPグループビジョン2015」として、DNPのあらゆる活動を支えています。

企業理念,事業ビジョン,行動指針,それら3つから構成されるDNPグループビジョン2015の概念図,概念図の詳細は、以下、本ページ内で詳しく述べます。

企業理念

DNPグループは、
人と社会をつなぎ、新しい価値を提供する。

DNPグループは

「人」のニーズをかたちにして「社会」に提供します。
「社会」のニーズをかたちにして「人」に提供します。

事業ビジョン

P&Iイノベーションにより、
4つの成長領域を軸に事業を拡げていく。

P&Iイノベーション

「P&I(Printing & Information)」というDNPの強みを生かし、多くのパートナーの皆さまとともに、 今までにない新しい価値を創造することを「P&Iイノベーション」と呼んでいます。

4つの成長領域

知とコミュニケーション
高度情報化社会において、価値ある情報を、安心・安全に、最適なかたちで伝えることで暮らしを支え、文化を育む分野。
食とヘルスケア
高齢化社会の中で、安全で質の高い生活や、生涯にわたる健康維持を目指す分野。
住まいとモビリティ
生活者の価値観の多様化によるパーソナル空間への要望の高まりに対して、より高い快適性の実現を目指す分野。
環境とエネルギー
経済的な成長と環境保全の両立を実現するために、低環境負荷社会の実現を目指す分野。

行動指針

対話と協働

DNPグループの一人ひとりは、それぞれの分野でプロフェッショナルとなり、社内外で積極的に対話を繰り返し、協働していくことで、今までにない斬新な製品・サービスを生み出します。