「上野の森 親子ブックフェスタ」に協賛

オンデマンド印刷による本・児童書の復刊など、良質なコンテンツの継承を支援

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、2022年5月3日(火)~5日(木)に、上野恩賜公園で開催される「上野の森 親子ブックフェスタ」に協賛します。このイベントは、読書を通じて、子どもたちの本への関心や「持続可能な開発目標(SDGs)」の理解を深めることを目的としています。DNPは今回、入手困難な絵本や児童書をデジタルデータ化し、小部数から印刷できるオンデマンド印刷(POD:Print On Demand)で製造・販売するなど、絵本との出会いの機会や、絵本を通じた新しい体験を提供します。

      

左から、「みけねこキャラコ」(偕成社)、「おみせ」(福音館書店)、「大空に生きる」(ポプラ社)、「ともだちは緑のにおい」(理論社)

「上野の森 親子ブックフェスタ」について

このイベントは、良質なコンテンツの継承を支援するとともに、出版文化のさらなる発展とSDGsの理解・浸透に貢献することを目指しています。読書を通して、本に対する興味やSDGsへの理解を深め、家族や友人とのコミュニケーションを促すもので、児童図書の販売、作家と読者の交流イベント、新しい読書体験プログラムなどが実施されます。

DNPは、「生活者の知を支える出版文化の継続的な発展に貢献する」取り組みの一環として、本イベントに協賛し、PODによる絵本・児童書の復刊や、新たな読書体験の企画などを実施します。

■開催概要

  • ○主催 : 子どもの読書推進会議、日本児童図書出版協会、一般財団法人出版文化産業振興財団
  • ○会期 : 2022年5月3日(火)~5日(木)
  • ○会場 : 上野恩賜公園 中央噴水周辺及び周辺施設
  • ○公式WebサイトURL → https://www.jpic.or.jp/ueno/

DNPの出展内容

(1)デジタルデータ化による絵本・児童書の復刊企画*1

入手困難な絵本や児童書をデジタルデータ化して、PODで製造・販売する実証実験を行います。

PODの見本をイベント会場で展示し、「ハイブリッド型総合書店honto」本の通販ストア内に『復刻書店 いにしえ』(https://honto.jp/cp/netstore/2022/chi-pod)を開店、hontoオンデマンドブックとして購入できるようにします。コンテンツの提供は、ポプラ社、理論社、偕成社、福音館書店にご協力いただきます。

「昔読んだ本を自分の子どもに読み聞かせたい」という思いを多くの親が持っているように、絵本・児童書は時代や世代を超えて永く読み継がれるコンテンツの一つです。一方、読みたくても入手が困難な本があり、手に入れたいという読者の方に、応えられていない現状もあります。

こうした状況に対して、DNPは「読みたい本を読みたい時に読みたい形で」生活者に届ける事業を展開しており、PODによって本を1冊から製造・販売できる仕組みを構築しています。良質なコンテンツを次世代に継承するため、出版コンテンツをデジタルデータ化することで、時代を超えて、紙の本だけでなく電子書籍などのさまざまな形で読者に届ける取り組みを進めています。今回こうした実績・ノウハウを活かして、「デジタルデータ化による絵本・児童書の復刊」という企画を展開します。

*1 「上野の森 親子ブックフェスタ」での展示のほか、2022年6月20日(月)~9月3日(土)に、DNPが東京都新宿区で運営するオープンイノベーション施設「DNPプラザ」(https://dnp-plaza.jp/)内の実証実験書店「外濠書店」でも展示します。また、販売は「ハイブリッド型総合書店honto」本の通販ストア(https://honto.jp/cp/netstore/2022/chi-pod)で、2022年5月3日(火)~9月30日(金)の間、実施する予定です。

(2)動くペーパークラフト

動くペーパークラフトの事例

ペーパークラフトとプロトタイピングツール*2を組み合わせて、「新しい学びの体験会」を開催します。絵本のキャラクターをイメージしたペーパークラフトを制作し、それを簡単なプログラミングで動かす企画で、遊びのなかの“ワクワク”を“学び”につなげます。

DNPは独自の「P&I」(印刷と情報)の強みを活かし、コンテンツとモノづくりと情報サービスを組み合わせた新たな学びの機会を提供します。予測が困難と言われる時代に求められる「主体的に課題を発見して自ら答えをつくり出していく力(創造的な課題発見・解決力)」の育成支援につなげていきます。

*2 プロトタイピングツールとは、センサーやモーター等の各種デバイスと操作するアプリで構成され、試行錯誤のプロセスを楽しみながら、気軽にアイデアを具現化するためのツールです。今回、VIVIWARE株式会社との連携により、「VIVIWARE Cell」を利用します。

(3)「魔法の虫めがね」を使った読書体験

「おとるーぺ」の使用イメージ

DNPは、AI搭載の専用の「虫めがね」を本などにかざすと、印刷された文字・絵・写真・イラストなどをAIが認識し、その内容を音で伝える情報デバイス「魔法の虫めがね」を開発しています。このデバイスを用いた子ども向けの知育サービス「おとるーぺ」*3を使って、本イベントでは、図鑑を楽しむ読書体験会を実施します。

*3 「おとるーぺ」は、クラウドファンディングベンダーのMAKUAKEに出品し、好評のうちに完売したサービスです。

URL → https://www.dnp.co.jp/news/detail/10161846_1587.html


ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索