スマートフォン向け助けあいアプリ「May ii(メイアイ)」の利用エリアを日本全国に拡大

「移動に困って助けを求める人」と「手助け可能なサポーター」をつなぎ、心のバリアフリーを実現

大日本印刷株式会社(DNP)は、2019年からサービスを提供している、「移動に困って手助けを求める人」と「手助け可能なサポーター」をつなぐスマートフォン向けアプリ「DNPソーシャルアクションサービスMay ii(メイアイ)」の利用エリアを7月25日より日本全国に拡大します。

「DNPソーシャルアクションサービスMay ii」の画面イメージ(右)

【May iiアプリの利用エリア拡大の背景】

DNPは、移動に困っている人を誰もが自然にサポートできる社会の実現を目指し、2019年7月25日、「DNPソーシャルアクションサービスMay ii(メイアイ)」のスマートフォン用アプリの提供を開始しました。段階的に運用を広げていく計画で、当初は、DNPの本社所在地である東京都新宿区の市谷周辺や、2019年2月に実証実験を行った福岡県福岡市内、北海道札幌市内を対象にスタートしました。その後、徳島県や宮城県等の自治体と連携するなど、利用エリアを順次拡大してきました。

提供開始から約2年半が経過し、全国的にMay iiアプリの利用を希望する声が寄せられていることや、全国の自治体や企業・団体との連携を推進するため、今回、利用エリアを日本全国に拡大します。

【「May ii」アプリの特長】

現在、「May ii」のアプリのダウンロードは累計4万件を突破し、約1,200件の手助けにつながるマッチングを実現しました(2022年7月25日時点)。

1.「対面」と「チャット」のサポートの選択が可能

コロナ禍で暮らしや働き方の変化が加速するなか、対面の接触に抵抗がある人も安心して利用できるよう、アプリのチャットで、病院や役所等の施設の混雑状況や交通機関の運行状況の確認、困りごとの質問などができる「チャットのサポート」も選択できます。従来通り、「対面のサポート」も選択できます。

2.GPSにより広範囲で利用者のマッチングが可能

「移動に困って手助けを求める人」と「手助け可能なサポーター」をGPSで結びつけることができます。「対面のサポート」では周囲1km、「チャットのサポート」は周囲5kmの範囲にいるサポーターに対し、手助け依頼の情報(リクエスト)を発信できます。マッチングした相手とは、スマートフォン画面のマップ上で互いの位置情報を共有して確認できます。また、より安心してマッチングができるように、運営事務局等の第三者によって認定を受けた利用者のプロフィールに「公認サポーターマーク」を表示する機能を2022年度内に拡充予定です。

3.サポーターのアクションを活発化

サポーターには、リクエストに対するサポート回数等に応じてポイントを付与します。貯めたポイントに合わせて、アプリ内で確認できる「ステータス」が上昇し、サポーターのモチベーション向上につながります。また、マッチング機能だけでなく、日常的なアクションを推奨するミッションや「ステータス」に応じて特典を付与するイベントを配信しています。

○アプリ利用価格 : 無料

○推奨環境 : iOS 12以上、Android 6.0以上(iPad Wifiモデル、iPodTouchなどの端末は対象外です。)

○対応言語 : 日本語、英語、韓国語

○利用時間 : 8時~21時

○利用エリア :日本全国

○公式サイトURL : https://mayii.jp/

【今後の展開】

DNPは「May ii」アプリの利用機会をさらに拡大し、「手助けを必要とする人」と「手助けしたいサポーター」の相互理解を促し、心のバリアフリーの実現を目指します。また、市民や従業員の心のバリアフリー推進に取り組む自治体や企業・団体に対して「May ii」アプリとオンライン研修をセットにした研修プログラムや、街なか案内などのボランティアを促進するツールとして、スポーツイベントなどの地域イベントに対して「May ii」アプリを提供します。「May ii」アプリを通じてだれもが訪れやすい・暮らしやすいやさしいまちづくりに貢献していきます。


※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載された製品の仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む

検索