スマートフォンの口座開設アプリに、顔認証で利用明細や残高の確認ができる機能を追加

信用金庫で初! 京都中央信用金庫でサービスを開始

大日本印刷株式会社(以下:DNP)は、京都中央信用金庫と共同で開発したスマートフォン用の「京都中央信金アプリ」に、顔認証による本人認証機能を搭載した「残高・取引明細照会サービス」を追加しました。

【開発の背景】

DNPと京都中央信用金庫は、口座開設の申し込みをスマートフォン上で簡単に行える「京都中央信金アプリ」を開発し、2018年1月にサービスの提供を開始しました。
このアプリは、さまざま金融サービスが受けられる総合アプリとして開発したもので、口座開設の申し込みだけでなく、京都中央信用金庫が発信する各種情報の閲覧も可能でした。
今回、このアプリと京都中央信用金庫のサーバーの間で安全にデータを連動できるオープンAPIを活用することによって、信用金庫で初めて、顔認証によるスマートフォンでの残高や取引利用明細の確認ができるサービスを提供します。
両社は今後も、オープンAPIを活用し、利便性の高い新たな機能を段階的に拡充していきます。 

【追加した「残高・取引明細照会サービス」の特徴】 

○ 「京都中央信金アプリ」がAPI経由で京都中央信用金庫のシステムと直接連携しているため、口座保有者はインターネットバンキングの契約がなくても、普通預金のキャッシュカードがあれば、スマートフォンから残高や取引明細の閲覧が可能になりました。
○ 本人認証に顔認証技術を利用しており、利用者にとっての利便性と情報セキュリティ性を高めています。利用者はIDやパスワードを入力する手間を省くことができます。

*API(Application Programming Interface) : あるシステムで管理するデータや機能などを外部のシステムから呼び出して利用するための手順やデータ形式などを定めた規約。
金融機関でのオープンAPIは、金融機関と外部の事業者との間の安全なデータ連携を可能にする取組みです。金融機関がシステムへの接続仕様を外部の事業者に公開してアクセスを認めることで、金融機関以外の事業者が利便性の高い、高度な金融サービスを展開しやすくします。