「平成30年7月豪雨」被害に対する支援について

このたびの「平成30年7月豪雨」により被害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧・復興をお祈りいたします。

大日本印刷(DNP)グループでは、被災者支援および被災地の復旧・復興のため、義援金を拠出するとともに、従業員募金を実施し、被災地支援として寄付をいたします。

寄付先は、認定NPO法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)を予定しています。


【追記:2018年12月28日】

2018年11月、DNPはJPFに復興支援金500万円を寄付しました。

これは、会社からの支援金に、DNPグループ労働組合連合会と協働して行った社員募金、社内設置の募金箱、社員食堂で提供した「復興応援メニュー」の上乗せ寄付金を合わせて支援金としたものです。

支援金はJPFの「西日本豪雨被災者支援2018」プログラムの中で、同10月9日より1年をかけて、被災者自身による再建の歩みを本格的に後押しする、地元主体の復旧・復興フェーズでの支援活動に役立てられます。

◆JPF facebook
【西日本豪雨、インドネシア・スラウェシ島地震・津波災害:大日本印刷株式会社様 寄付金贈呈式】
https://www.facebook.com/japanplatform/photos/a.146936028725762/2063090467110299/?type=3&theater