CEATECにVirtual Experience Galleryを出展(10/15-18:幕張メッセ)

2030年を体感できるVRショールーム・美術館やスキンエレクトロニクスなどを紹介!

2019年10月9日



大日本印刷(DNP)は、10月15日(火)~18日(金)に千葉県・幕張メッセで開催される「CEATEC 2019」に出展します。今年は会場内に、2030年の未来の街をイメージした「Society 5.0タウン」が複数企業の共創によって構築されます。DNPは、この「Society 5.0タウン」に、時間・空間にとらわれないプレゼンテーションを可能とする「新体験空間 -Virtual Experience Gallery-」をコンセプトとする独自ブースを出展するほか、複数企業による共創ゾーンでも展示を行います。

【DNPブースについて】

IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)等の最新技術を活用した「Society5.0」の実現によって、人々はより時間や空間の制約を受けずに、生活を楽しめるようになると期待されています。DNPブースでは、「Society5.0」の到来に向けて、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)とインタラクティブ技術、3D(三次元)CGコンテンツを組み合わせて、その場にない実物を本物のように体験したり、実物を見ただけではわからない内容が体験できたりする、「モノとコトの掛け合わせ」によるリアルな体験のデモを行います。

例えば、VRにより商品の特徴をわかりやすく伝えるとともにシミュレーションも容易なショールームや、人材確保や働き方改革などの課題がある人の接客を補完し、見せ方の工夫や多言語対応等によって店舗や美術館、エンターテイメント施設等での共感・行動につなげるバーチャル接客サービスなどを紹介します。

1. Vチューバーが接客するVRショールーム

VRの活用によって、来場者が自由に自動車の車体等の色替え、ドアの開閉、背景変更等のシミュレーションが体験できます。また、離れた場所にいる説明員がVチューバー(アバター)となって接客し、4K・リアルタイム3DCGとVR技術を活用した体験を提供することで、商品の魅力を伝えます。

 

案内役のVチューバー(左)と、VRを使ったシミュレーションの画面(右)

2. 世界遺産のVR鑑賞

DNPが行っている歴史的建造物や文化財等の「保存/継承/公開」の取り組みの一例として、特別公開時にしか見られない、世界遺産で国宝の仁和寺「金堂」をVRコンテンツとして体験できます。DNPが「金堂」を高解像度で撮影し、その画像から生成した3Dデータを用いています。ヘッドマウントVRディスプレイで「金堂」の内部を歩いているような「ウォークスルー形式」で鑑賞できます。

 

【共創ゾーンの展示について】

「Society 5.0タウン」には、複数の業種・産業の企業が、技術とノウハウを持ち寄ってコラボレーションすることで生み出す製品・サービスを紹介する「共創ゾーン」も設置されます。DNPはここで、東京大学大学院工学研究科電気系工学専攻染谷研究室と共同で「スキンエレクトロニクス」を出展します。

「スキンエレクトロニクス」は、DNPが同研究室と共同開発した伸縮自在のディスプレイと、同研究室が開発したスキンセンサーで構成されており、薄型で皮膚に直接貼り付けて使用できるため、医療分野などでの活用が期待されています。

柔軟なディスプレイを皮膚に貼って、心電図の波形などを表示することも可能な「スキンエレクトロニクス」