ICキャッシュカードの即時発行サービスが阿波銀行で採用

カード利用が即日可能など利便性向上

大日本印刷株式会社(DNP)が提供する「DNPカード即時発行サービス」が、阿波銀行で採用されました。阿波銀行は2020年3月までに、当サービスを74店舗に導入する予定です。

 
即時発行機(SJ-DS5)

【ICキャッシュカードの店頭引き渡しが可能に】

「DNPカード即時発行サービス」は、ICキャッシュカードをはじめとした各種カードを店舗で即時発行するサービスです。

生活者がICキャッシュカードを店舗で申し込む場合、従来は店舗とは別の専用施設でカードを発行し、生活者に郵送していたため、カードが利用可能になるまでに日数が必要でした。

「DNPカード即時発行サービス」では、金融機関のシステムから電送されるカード発行依頼データをもとに、高セキュアな環境下にあるDNPのデータセンターでカード発行用のデータを生成して、店舗にそのデータを送り、店舗に設置した即時発行機で、カードのICチップへの書き込みや券面への印字を行います。そのため、ICキャッシュカード等の新規発行や再発行の要望に対して、申し込み当日に店舗でカードを渡すことが可能になります。

※カードの即時交付には本人確認用の書類による本人確認が必要です。

【今後について】

DNPは、これまで地方銀行や信用金庫など29行に「DNPカード即時発行サービス」を提供しており、これまでに国内トップシェアとなる約3,800台の発行機を販売してきました。DNPは今後も本サービスの機能を拡充するとともに、普及を進めることで、金融機関のカード発行業務の最適化を支援していきます。