つくば市立春日小学校でICTを使った美術鑑賞の出張授業を実施

DNPは、印刷会社ならではの技術やノウハウをいかし、学校教育で重要度を増す「生きる力」の教育に寄与する『DNP出張授業』を2010年より実施しています。 DNPの拠点周辺にある小学校を対象に、授業内容を各校の要望に合わせて理科や美術など複数のプログラムから選び、これまで全国で延べ30校以上で実施しています。

2016年2月、茨城県のつくば市立春日小学校で、DNPが開発中のICT教材を使った“未来の美術鑑賞授業”を、5年生206名に対して行いました。 同校は文科省の「ICTを活用した課題解決型教育の推進事業」(平成26年度)をはじめとしたさまざまなICT教育プログラムの研究指定校となるなど、先進的な取組みを行う学校です。 授業では、14名のボランティア社員が講師と補助講師を務めました。 動きを認識する機器やプロジェクター、タブレット端末などを使い、絵のなかに入っているかのような体験や、普段見えない絵の細部を拡大しての鑑賞など、デジタル教材の良さを活用することで、子どもたちの豊かな発想力を引き出すことができました。

※ICT : 情報通信技術(Information Communication Technology)