一日限りの特別展「時の響in倉吉」を中国地方で初開催

世界遺産 仁和寺 国宝「金堂」の8K VRや洛中洛外図屏風 池田本の高精細複製などを展示

2019年9月12日

大日本印刷株式会社(DNP)は、2019年10月14日(月・祝)に鳥取県立倉吉未来中心(鳥取県倉吉市)で開催される「広上淳一×京都市交響楽団 倉吉スペシャル演奏会*1」関連企画みらいアートギャラリー特別展「時の響in倉吉」で、中国地方初公開の「世界遺産 仁和寺 国宝『金堂』の8K VR(Virtual Reality:仮想現実)」、光格天皇ゆかりの「聖護院門跡」の高精細4K映像、そして、鳥取県初公開の「重要文化財『洛中洛外図屏風 池田本』(林原美術館)の高精細複製 伝匠美®(でんしょうび)」の3点を展示します。

林原美術館 重要文化財『洛中洛外図屏風 池田本』の伝匠美

世界遺産 仁和寺 国宝「金堂」の8K VR

高精細4K映像「増誉大僧正900年遠忌記念作品 聖護院門跡 華麗なる障壁画」

【特別展「時の響 in 倉吉」の見どころ】

●展示テーマ「倉吉から京都へ、時代の移り変わりを支えた大江磐代君の数奇な運命」

今年、天皇陛下が生前退位されて元号が令和となりましたが、最も近い先例として、202年前の江戸時代の光格天皇に注目が集まっています。本特別展では、その御生母で倉吉市出身の大江磐代君(おおえいわしろぎみ)の数奇な運命に焦点を当て、倉吉博物館所蔵の書状や倉吉絵図、文化財アーカイブなどを通して大江磐代君の心情を読み解きます。

●展示内容(一部)

1. 林原美術館 重要文化財「洛中洛外図屏風 池田本」の「DNPデジタル高精細複製 伝匠美」*2

京都市中(洛中)と郊外(洛外)を描いた洛中洛外図の1つで、岡山藩主池田家が所蔵していたため「池田本」と呼ばれています(現在は林原美術館が所蔵)。今回展示する屏風は、細部の精緻な再現に留意して製作した原寸大の高精細複製で、金箔上に特許技術を用いて直接高精細印刷を行い、全面にたなびく金雲と金地の質感と、重ね技法による金雲の立体感を表現しています。

2. 世界遺産 仁和寺 国宝「金堂」の8K VR (中国地方初公開)

特別公開時にしか見られない、世界遺産 仁和寺 国宝「金堂」を3次元(3D)データとして計測した8K対応の超高精細なVRコンテンツが体験できます。金堂内部を歩いているような「ウォークスルー形式」で鑑賞しながら、特徴的な意匠や見どころの解説を見ることができます。

3. 4K映像「増誉大僧正900年遠忌記念作品 聖護院門跡 華麗なる障壁画」 (中国地方初公開)

門跡寺院として、また、本山修験宗総本山として修験道を統括する聖護院は、光格天皇・孝明天皇の仮の宮「聖護院旧仮皇宮」として高い格式をもつ寺院です。本作品は、寺院の礎を築いた増誉大僧正900年遠忌の記念作品として、宸殿や書院の宮殿建築、狩野派の絵師が健筆をふるった障壁画や華麗な室内空間の魅力を4Kの高精細映像で紹介します。

〇日時 : 2019年10月14日(月・祝) 10:00~17:00

〇会場 : 鳥取県立倉吉未来中心 1階アトリウム

〇料金 : 無料(同時開催:「広上淳一×京都市交響楽団 倉吉スペシャル演奏会」は有料)

〇Webサイト:http://cms.sanin.jp/p/miraichushin/news/6/01/

【DNPの文化事業の取り組み】

DNPは、京都・文化遺産アーカイブプロジェクト*3でデジタルアーカイブの構築に継続的に取り組むなど、文化遺産の保存・継承と公開を両立させるという社会課題の解決に向け、4K映像撮影、文化体験プログラム、高精細複製などを行っています。

「時の響」は、音楽と文化財の鑑賞を組み合わせた文化体験イベントとして京都・北山にて2017年より開催してきましたが、今回は、日本の地域と京都の文化交流をテーマに、貴重な文化資源アーカイブを通じてつなげる文化体験プログラムとして開催することになりました。

DNPは、今後も日本の文化資源アーカイブを基軸にコンテンツ制作や鑑賞システム開発を進めるほか、デジタル化技術を強みとして、国や地方自治体が保有している有形・無形の文化資源を保存、活用、公開するためのさまざまなソリューションや文化体験プログラムを提供していきます。


*1 主催:公益財団法人 鳥取県文化振興財団
*2 DNPデジタル高精細複製 伝匠美(http://www.dnp.co.jp/denshoubi/) : 伝匠美は、文化財の保存と公開の両立を目的に、DNPが開発した文化財複製の技術。1999年に取り組みを開始し、高精細デジタル印刷技術と、金箔、和紙、京表具の伝統工芸の匠の技を融合させ、精緻な再現性と耐久性を両立した文化財複製を展開しています。
*3 「京都・文化遺産アーカイブプロジェクト」について → https://www.dnp.co.jp/news/detail/1187432_1587.html