なぜ経営者やマーケターは「製品情報管理」のリスクを見過ごすのか?

今日のビジネス環境において、顧客やパートナー向けの製品情報の管理は、企業の成功のカギとなる要素の一つです。しかし、多くの経営者やマーケターは、この点の重要性を見落としているか、正しく認識していない可能性があります。

関連する18分野を見る

関連する記事を見る

このコラムでは、製品情報管理のリスクとその影響、そしてそれを克服するための対策について、実例を交え解説していきます。


セクション1. 製品情報管理の現状と認識のギャップ

製品情報管理、通称PIM(Product Information Management)は、製品に関連する情報を一元的に管理し、その情報を正確に顧客や関連部門に連携・配信する ためのシステムやプロセスを指します。今日のデジタル化された時代において、製品情報の正確さと迅速な更新は、企業のブランドイメージや販促効果、顧客体験価値に直結する非常に重要な要素です。

しかしながら、多くの企業ではPIMの真価を完全には理解していないのが実情です。特に、伝統的な業界においては、製品情報を分散データベースやエクセルシートで管理しているケースが見られます。この手法は、情報の重複や更新の遅れ、そして情報の不整合を引き起こすリスクがあるとされています。

このような既存の管理手法を続けてしまう原因として、以下の理由が挙げられます。
・経営者やマーケターがPIMの導入や運用に対するコストや手間を過度に意識し、そのリターンを見誤っている
・PIMの存在そのものを知らない、あるいは正確な機能や効果を理解していない

これらが、情報管理の非効率やミスの原因となり、結果的にビジネスチャンスの損失や顧客の信頼を損なうリスクを高めています。特に、製品情報が頻繁に変わる業界や、多数の製品を取り扱う業界では、このリスクは顕著になることがあります。

現状をふまえ、PIMの導入や適切な運用が、企業の競争力を高める重要なステップであることを理解することが、経営者やマーケターに求められています。

セクション2. 旧式データ管理の課題と制約

ここでは、多くの企業が依然として採用している旧式のデータ管理手法、特に分散データベースやエクセルシートの使用に伴う問題点に焦点を当てます。これらの方法は過去のビジネスニーズにもとづいているため、現代の動的なビジネス環境やDXの要求に適切に対応できないことが多く、一連の課題と制約が明らかになっています。

情報の散在:
多くの企業では、情報が異なるデータベースやプラットフォームに散在しています。これにより、情報の一貫性が失われ、情報の更新や共有が困難になる場合があります。

更新の遅延:
旧式データ管理システムは、情報の入力や更新に手間がかかることが多く、これにより、新しい製品情報や変更点がすぐに反映されないことがあります。

データの不整合:
同じ内容を示す情報が異なるデータベースやファイルで一貫性を欠いて管理されている場合、データの不整合が生じるリスクがあります。これは、顧客への情報提供に誤りを生じさせる可能性があります。

柔軟性の欠如:
旧式データ管理システムは、新しいテクノロジーやビジネスニーズに迅速に適応することが難しいです。新しい販売チャネルの追加やデジタルマーケティング戦略の実装に柔軟に対応できないことがあります。

コスト増加:
古いシステムの維持やアップデートにはコストがかかります。また、情報の不整合や更新の遅延によるビジネスの損失も無視できないコストとなります。

これらの限界は、企業が競争力を維持する上での大きな障壁となり得ます。特に、デジタルトランスフォーメーションやオムニチャネル戦略の重要性が高まる現代において、効率的かつ一貫性のある製品情報管理が不可欠であると言えます。

セクション3. 一般的な事例に見る情報管理の影響

旧式のデータ管理システムがビジネスに与える影響は、時として大きな損失へと発展することがあります。この章では、一般的に見られる事例を通じて、情報管理の不十分さがどのように企業運営に幅広い影響を及ぼすかを探ります。これらの一般的な事例は、日常業務の効率低下から戦略的なビジネス機会の損失に至るまで、多岐にわたる影響を示唆しています。

誤った製品情報の提供:
データベース間の情報の不整合により、顧客に対して誤った価格や商品詳細が表示されることがあります。これは、顧客の信頼を失うだけでなく、返品やクレームの原因となります。

時間とコストの増加:
情報の散在や不整合を修正するために、企業は追加の時間やリソースを費やす必要があります。これは、ビジネスの効率を低下させる大きな要因となります。

ビジネスチャンスの損失:
情報の更新遅延やデータの不整合により、新しい商品のローンチやプロモーションが適切なタイミングで行われないことがあります。これは、競合他社に後れを取る結果となり得ます。

これらの実例は、情報管理の問題が日常業務のみならず、ビジネスの成長やブランドの評価にも影響を及ぼすことを明確に示しています。現代の高速なビジネス環境では、これらのリスクを最小限に抑えることが不可欠です。

セクション4. リスクを正しく認識し、対策を講じる

旧式のデータ管理システムの課題とそれに伴うリスクが明確になった今、そのリスクを最小限に抑え、ビジネスの効率と成長を確保するための対策を検討することが急務です。

PIMシステムの導入:
先進的なPIMシステムは、情報の一元管理を可能にし、データベース間の情報不整合を防ぎます。これにより、データの正確性と迅速なアクセスを確保できます。

継続的なデータ監査:
定期的なデータの品質チェックや監査を行うことで、問題点を早期に発見し、修正を迅速に行うことが可能となります。

スタッフ教育とトレーニング:
情報管理の重要性を理解し、運用ルールの遵守を徹底することが、誤った情報の発信や取扱いを防ぐためのカギとなります。

業務フローの見直し:
情報の入力、承認、更新、配信のプロセスを見直し、効率化を図ることで、情報の遅延やミスを減少させることができます。

外部の専門家やコンサルタントの協力:
情報管理の専門家やコンサルタントの知見を取り入れ、システムの最適化や新しい技術の導入を検討することで、持続可能な改善が期待できます。

最終的に、情報の正確性と迅速性は、現代のビジネスにおいて競争力を保持するための基盤となります。それゆえ、適切な対策と投資を行うことで、製品情報管理の課題を乗り越え、企業の持続的な成功へと繋げることができるのです。

まとめ

製品情報管理の正確性と迅速性は、企業が競争力を維持し、成長を続けるための基盤です。情報の不整合や遅延がビジネスに与える悪影響を避けるためには、PIMシステムの導入やデータの定期監査、スタッフの教育などの具体的な対策が不可欠です。さらに、これらの管理は、顧客体験の向上にも直接関連しています。良好な顧客体験は、製品情報の正確性や迅速な提供から生まれることを、経営者・マーケターは理解する必要があります。

最後に

次回のコラムでは、この顧客体験の向上に焦点を当て、経営者・マーケターがなぜこれを製品情報管理から始めるべきなのか解説します。
製品情報管理(PIM)の最適化に関するご相談やサポートが必要な場合は、ぜひ当社にお問合わせください。一緒に成功への道を歩んでいきましょう。

※2024年1月時点の情報です。



関連コラム

なぜ経営者やマーケターは「製品情報管理」のリスクを見過ごすのか?(このページ)

なぜ製造業の経営者やマーケターは顧客体験の向上を製品情報管理から始めるべきなのか?

製造業向けPIMシステム入門 - なぜ今、経営者やマーケターが知るべきなのか?

マーケター、IT担当者向け: 製造業の競争力を高めるPIM(製品情報管理)
~7つの基本機能・7つのマーケティング連携・7つのテクニカルな側面~


PIM/DAMの違い ~業務効率化億滴と顧客体験最適化目的での違い~

関連事例

株式会社Francfranc様
分散していた商品情報をContentserv(コンテントサーブ)で一元化
「Francfranc PIM」による素早いEC連携で社会や顧客の変化に柔軟に対応

大日本印刷株式会社 マーケティング本部
社内に散在する商材を集約し、商材や担当者の探索にかかっていた時間を大幅短縮
Contentserv(コンテントサーブ)を活用した「商材サーチ」構築のポイントに迫る!

関連ソリューション

MDM/PIMソリューション
企業の収益力を強化/戦略的な商品情報の管理と活用を支援

商品情報管理(PIM)システム Contentserv
商品情報を統合的にマネジメントし、顧客のProduct Experienceを向上

DNP商品情報管理システム PROMAX NEO(プロマックス ネオ)
商品情報・画像・資料などを統合的に管理するデータベース

DNPグローバルPIMシステム Pro-V(プロ・ファイブ)
企業の収益力強化に貢献する、戦略的商品情報の管理と活用

その他のコラム

関連する18分野を見る

関連する記事を見る