マーケター、IT担当者向け:
製造業の競争力を高めるPIM(製品情報管理)
~7つの基本機能・7つのマーケティング連携・7つのテクニカルな側面~

製造業界は、デジタル技術の進化や市場のグローバル化などの要因により、常に変革の渦中にあります。その中で、PIM(製品情報管理: Product Information Management)は、競争力を維持、さらには強化するための鍵となっています。

PIMコラム

関連する18分野を見る

関連する記事を見る

当コラムでは、特にマーケターやIT担当者の視点を中心に、PIMの具体的な役割から機能、そして実践的な活用方法について掘り下げます。前回の概要理解をベースに、より具体的な機能やマーケティングとのシナジー、技術的視点から、製造業における競争力を高めるためのノウハウをご紹介します。


セクション1. PIMとは?

製造業における製品情報の正確性と効率性は、競争力の強化やブランド価値の確立に不可欠です。ここでは、PIMの具体的な定義と役割に焦点を当て、その重要性をさらに明確にします。

PIMとは、企業が所有する製品データを一元的に管理、更新、配信するシステムのことを指します。従来の情報管理手法とは異なり、PIMはデータの統合性と一貫性を保つことに特化しています。この一元的なデータベースは、マーケティング、セールス、サプライチェーン、eコマースなどのさまざまな部門や業務に活用されます。

PIMの最大の魅力は、顧客体験やビジネスパートナーの体験価値向上に直結する点にあります。顧客やビジネスパートナーが求める情報は、高品質で迅速に提供される必要があります。これに応えるために、PIMは製品情報を正確かつタイムリーに更新・共有する機能を持っています。

製造業の経営者やマーケターが初めてPIMに触れる際、このシステムの真価を理解することは、ビジネスの成長戦略を描く上で欠かせません。そして、次に導入を検討するマーケターやIT担当者にとっては、さらにPIMの理解を深め、より具体的な活用方法を学ぶ必要があります。

セクション2. PIMの7つの基本機能

セクション1.では、PIMの役割と顧客体験価値向上の関係について触れました。このセクションでは、マーケターやIT担当者として知っておくべき、PIMの基本的な機能に焦点を当てて解説します。

①製品データ管理
PIMの中核となる機能です。製品のスペック、価格、画像やビデオ、説明文など、さまざまな製品情報を一元的に管理することができます。

②カテゴリ管理
製品を異なるカテゴリやサブカテゴリで整理し、顧客が製品を容易に探せるような構造を作成します。

③データエクスポート/インポート
製品データを他のシステムやプラットフォームへエクスポートし、他からのデータをインポートする機能です。これにより、データの一貫性と最新性を保つことができます。

④マルチチャネル対応
オムニチャネル戦略をサポートするための機能です。異なる販売チャネルやプラットフォームに適した形式で製品情報を配信することができます。

⑤言語と地域対応
製品情報を複数の言語や地域向けにカスタマイズして表示する機能です。これにより、グローバル市場への展開をスムーズに進めることができます。

⑥検索とフィルタリング
製品情報を効率的に探し出すための高度な検索とフィルタリング機能です。ユーザーの検索ニーズに応じた情報提供が可能です。

⑦ワークフロー管理
製品情報の変更や追加、承認プロセスなどのワークフローを管理する機能です。組織内での製品情報の一貫性や作業効率の向上に寄与します。

これらの機能は、製造業におけるデジタルマスターデータの管理を効率的に行い、ビジネスパートナーや顧客との関係を強化するための基盤となります。次のセクションでは、これらの機能を活用して実際にどのような成果を上げることができるのか、その具体的な活用例について詳しく解説します。

セクション3. PIMの7つのマーケティング連携

PIMは、単に製品データを整理・保存するツールではありません。最先端のPIMシステムは、マーケティング活動をサポートし、顧客やビジネスパートナーの体験価値を向上させつつ、ブランドの競争力を高めるための貴重なアセットとなり得ます。このセクションでは、PIMをマーケティング戦略といかに効果的に連携させるかを解説します。

①一貫した製品情報体験の提供
複数の販売チャネルやプラットフォームに跨って一貫した製品情報を提供することで、体験価値を向上し、ブランドの信頼性を向上させ、顧客ロイヤルティを高めます。

②ターゲティングとパーソナライゼーション
PIMから得られる詳細な製品データを活用し、特定のセグメントや顧客層に合わせたマーケティングメッセージやキャンペーンを展開します。

③マルチリンガル・マルチリージョナル対応
言語と地域対応機能を活用し、異なる市場や文化に適したマーケティングコンテンツを効率的に作成・配信します。

④SEO最適化
適切に管理された製品情報は、検索エンジンのランキングを向上させるカギとなります。PIMは、製品ページのメタデータやキーワードを効果的に管理し、SEOのパフォーマンスを高める役割も果たします。

⑤リアルタイムマーケティング
PIMは、リアルタイムで製品情報を更新・同期することが可能です。これにより、流動的な市場のニーズやトレンドに迅速に対応したマーケティング活動を展開することができます。

⑥コンテンツマーケティングの強化
詳細な製品情報やストーリーを活用して、価値提供型のコンテンツを生成し、顧客とのエンゲージメントを深めます。

⑦クロスセルとアップセルの促進
PIM内の関連製品情報を活用して、顧客やビジネスパートナーに適切な製品の提案を行い、購入額の増加やリピート購入を促進します。

これらのマーケティング連携を通じて、PIMは製造業企業の競争力を力強く支えます。正確で効率的な製品情報管理は、市場での成功への大切な第一歩です。PIMの導入と最適化によって、製造業企業は市場での優位性を確固たるものにすることが可能です。

セクション4. PIMの7つのテクニカルな側面

PIMの導入や運用において、IT担当者が主導するテクニカルな側面は極めて重要です。システムの安定性、拡張性、連携性などを確保することは、経営者やマーケターが望むビジネス価値を実現するための基盤となります。このセクションでは、IT担当者がPIM導入に際して特に注意すべき7つのポイントを解説します。

①データインテグレーション
他のシステム(ERP、CRM、 eコマース プラットフォームなど)とのデータ連携を確実に行うことが重要です。データの一貫性とリアルタイム性を保つための接続やAPI(Application Programming Interface)の使用を適切に管理する必要があります。

②大量のSKUの管理キャパシティ
多数の製品を取り扱う企業にとって、PIMが大量のSKU(Stock Keeping Unit)を効率的に管理できるキャパシティは必須です。導入を検討する際は、現在および将来のSKU数を考慮し、システムがそれをサポートできるか確認が必要です。

③多言語サポート
グローバルな展開を考える企業にとって、多くの言語をサポートするPIMの機能は必須です。この機能により、特定の市場や地域向けの製品情報を効率的に管理・公開することが可能となります。

④スケーラビリティ
ビジネスの拡大やデータ量の増加に対応するため、PIMシステムの拡張性は重要です。将来的な成長や変化に柔軟に対応するために、システムを慎重に選定し、計画的に設計することが、IT担当者には求められます。

⑤セキュリティ
データの機密性、完全性、利用可能性を確保するためのセキュリティ対策を適切に実施することで、外部からの不正アクセスやデータ漏洩のリスクを回避します。

⑥ユーザーインターフェイス (UI) & ユーザーエクスペリエンス (UX)
エンドユーザーの利便性を考慮したUI/UX設計を行い、操作性や可視性を向上させます。

⑦バックアップとリカバリ
データの喪失やシステム障害が発生した際に迅速に復旧できるよう、定期的なバックアップとリカバリの仕組みを整備します。

IT担当者がこれらのテクニカルな側面を適切に管理・運用することで、PIMは企業の競争力と顧客体験価値の向上に大きく寄与します。正確でタイムリーな製品情報の提供は、企業のブランド価値を高め、最終的な顧客の満足度を向上させる重要な要素です。この知識を背景に、マーケターとIT担当者はPIMの機能を最大限に活用し、企業のビジネス戦略をより強固に進めていくことができます。

まとめ

製造業界において、デジタル技術の進化や市場のグローバル化への対応が企業の競争力を決定するなかで、PIMはその中心的役割を担っています。このコラムでの情報提供が、マーケターやIT担当者がPIMの重要性、基本的な機能、マーケティングとの連携、そしてテクニカルな側面について、深い理解を得るための一助となれば幸いです。

しかし、PIMの真価は、実際の業務の中での活用によって初めて明らかになります。そのため、企業が今後の戦略をより明確にし、競争力を維持・拡大するためには、PIMの適切な導入と効果的な活用が不可欠です。

最後に

PIM導入を検討している、あるいは興味を持っていただいた企業の皆さま、ぜひ当社の経験豊富なコンサルタントとの情報交換ミーティング(無償)をご検討ください。

貴社の効率的なPIM導入と効果的な活用のために当社が揃えているコンサルティングサービスは以下の通りです。

業務改善コンサルティング:
顧客にタイミングを逃さずに最新の製品情報を届けるために、社内の業務フローの最適化はPIM導入前に必須となります。

顧客体験管理(CXM)コンサルティング:
顧客体験の分析を行い、いかにPIMを活用して顧客体験を向上していくか検討する必要があります。

PIM導入支援コンサルティング:
貴社に最適な導入方法を提案し、伴走型で導入を支援します。

マーケティングDXコンサルティング:
マーケティング活動を最適化し、顧客体験を向上させるツールはPIMだけではありません。御社にとって最適なツールは何なのか?どんな組合せが最適なのか?コンサルタントがご相談を承ります。

PIMを活用するために必要な、デジタルマーケティング、顧客体験(CX)視点でもお気軽にご相談ください。

貴社にとっての最適なソリューションを一緒に見つけましょう。

※2024年1月時点の情報です。



関連コラム

なぜ経営者やマーケターは「製品情報管理」のリスクを見過ごすのか?

なぜ製造業の経営者やマーケターは顧客体験の向上を製品情報管理から始めるべきなのか?

製造業向けPIMシステム入門 - なぜ今、経営者やマーケターが知るべきなのか?

マーケター、IT担当者向け: 製造業の競争力を高めるPIM(製品情報管理)
~7つの基本機能・7つのマーケティング連携・7つのテクニカルな側面~(このページ)

PIM/DAMの違い ~業務効率化億滴と顧客体験最適化目的での違い~

関連事例

株式会社Francfranc様
分散していた商品情報をContentserv(コンテントサーブ)で一元化
「Francfranc PIM」による素早いEC連携で社会や顧客の変化に柔軟に対応

大日本印刷株式会社 マーケティング本部
社内に散在する商材を集約し、商材や担当者の探索にかかっていた時間を大幅短縮
Contentserv(コンテントサーブ)を活用した「商材サーチ」構築のポイントに迫る!

関連ソリューション

MDM/PIMソリューション
企業の収益力を強化/戦略的な商品情報の管理と活用を支援

商品情報管理(PIM)システム Contentserv
商品情報を統合的にマネジメントし、顧客のProduct Experienceを向上

DNP商品情報管理システム PROMAX NEO(プロマックス ネオ)
商品情報・画像・資料などを統合的に管理するデータベース

DNPグローバルPIMシステム Pro-V(プロ・ファイブ)
企業の収益力強化に貢献する、戦略的商品情報の管理と活用

その他のコラム

関連する18分野を見る

関連する記事を見る