製造業向けPIMシステム入門 - なぜ今、経営者やマーケターが知るべきなのか?

前回のコラムで、顧客体験の向上と製品情報管理の重要性について触れました。しかしながら、この製品情報管理を実現する上でのカギとなる「PIMシステム」について、具体的にご存知でしょうか?

PIMコラム

関連する18分野を見る

関連する記事を見る

前回のコラム: なぜ製造業の経営者やマーケターは顧客体験の向上を製品情報管理から始めるべきなのか?

今回は、「PIMシステム入門」と題して、現代の製造業において、なぜPIMシステムがこれほどまでに注目されているのか、そして、なぜ経営者やマーケターが今、その真価を深く知るべきなのかを解説し、製品情報管理の核心をなすPIMシステムの機能や導入のメリットについてケーススタディを通じて説明します。


セクション1. PIMシステムが必要とされる背景

製品情報管理(PIM: Product Information Management)システムは、製造業の中で製品に関連するマーケティング用の情報を一元的に集約、管理、配信するためのカギとなるソリューションとして注目されています。このセクションでは、PIMシステムの必要性を理解するための背景を詳細に解説します。

デジタルマーケティングの進展:
近年、DX(デジタルトランスフォーメーション)が製造業の経営課題として注目されています。取引先やパートナーとの B2BEC (法人向けeコマース) 取引の拡大、業界内でのデジタル通信の利用増加など、情報へのアクセス性が格段に向上しています。このような環境下では、製品に関する情報を正確かつ迅速に関係者へ提供することが重要になります。

オムニチャネルの拡大:
従来の営業チャネル、リアル店舗だけでなく、EC、SNSなど、多岐にわたる販売チャネルが存在する現代。企業はこれら複数のチャネルで一貫性を持った情報を提供する必要があります。

マーケティングデータの重要性:
製造業における製品は、その機能や特性、利用シーンなど、非常に複雑で多岐にわたる情報を保有しています。これらの情報を一元的に管理し、ターゲットに合わせて最適な情報を提供するツールが必要です。

市場への迅速な対応:
市場のニーズやトレンドは日々変化しています。これらに素早く対応し、製品情報を更新・配信することは、製造業において競争力を維持するための重要な要素です。

PIMシステムの導入と活用は、製造業におけるマーケティングの質を向上させるだけでなく、全体のビジネスプロセスの効率化や競争力の強化にも寄与します。

セクション2. PIMシステムの基本的な機能と特徴

PIMシステムは製造業において、製品に関するマーケティング用の情報を効率的に管理・配信するためのツールとして急速に必要性が高まっています。その中核をなすのは、以下の基本的な機能と特徴です。

一元的な情報管理:
PIMシステムの最大の特徴は、例えばカタログデータやエクセルなどの異なる情報源やフォーマットから、製品データを一カ所 に集約することができる点です。これにより、どのチャネルでも情報の一貫性や正確性が保たれ、データの重複や矛盾を排除することができます。

柔軟なデータ構造:
企業や業界ごとに異なる製品情報の要件に柔軟に対応することが可能。自由度が高く、ビジネスニーズに合わせてデータ構造を調整することができます。

オムニチャネル対応:
PIMシステムの情報を、さまざまな販売チャネルやプラットフォームに迅速に展開できます。これにより、営業、リアル店舗、カタログ、SNSなど、異なるチャネルに一貫した情報を提供することが可能となります。

データ品質管理:
PIMシステムには、データの正確性や完全性を確保するための品質管理機能が組み込まれています。不足している情報や矛盾する情報を自動的に検出し、修正や補完を促す通知を行います。

ローカライゼーションと多言語対応:
複数の国や地域で事業を展開する企業にとって、製品情報のローカライゼーションや多言語対応は欠かせない要素です。PIMシステムでは、これらのニーズに応じて製品情報を簡単に変更・展開することができます。

これらの基本的な機能や特徴を有するPIMシステムは、製品情報管理の効率化や品質向上を実現するための強力なツールとして、多くの企業で導入が進められています。

セクション3. PIMシステムの具体的なメリット

ここでは、PIMシステムを活用することで得られる主なメリットを、ケーススタディを通じてわかりやすく説明します。

ケーススタディ①: 業務効率化と顧客体験(CX)の向上
アパレルメーカーA様では、PIMシステム導入前に製品情報の更新に平均で1週間かかっていたものが、導入後は1日以内に短縮されました。これにより、新しい商品の情報を迅速に公開することが可能となり、顧客に常に最新の情報を提供できるようになりました。

ケーススタディ②: 情報の一貫性と正確性の確保
国際的に展開する家電メーカーB様は、PIMシステムを導入することで、多言語や異なる地域の規格に合わせた製品情報を一元管理できるようになりました。これにより、ブランドイメージの一貫性を保ちつつ、各地域でのニーズにも迅速に対応できるようになりました。

ケーススタディ③: マーケティング活動の強化
食品メーカーC様は、PIMシステムを活用して、各製品のアレルギー情報や栄養成分、レシピ情報などを一元管理。これをもとに、ターゲットとなる顧客層に合わせたプロモーションやコンテンツマーケティングを展開し、顧客体験(CX)と売上の向上を実現しました。

ケーススタディ④: グローバル展開のサポート
化粧品メーカーD様は、新しい海外市場への進出を検討していましたが、製品情報のローカライゼーションが大きな課題でした。PIMシステムの導入により、製品情報を容易に多言語化・カスタマイズすることができ、迅速な市場進出を実現しました。

これらのケーススタディを通じて、PIMシステムの導入は単に情報管理を効率化するだけでなく、ビジネス全体の成長やブランド価値の向上にも大きく貢献できると考えられます。

セクション4. PIMシステムの未来への展望

PIMシステムは、現代の製造業における情報管理とデジタルトランスフォーメーションの中心的な役割を果たしています。そして、これからは未来の技術との統合によってさらなる高みへと昇ることが期待されています。以下に、PIMシステムの未来に向けた展望を述べます。

XR技術とのシナジー

強化された製品体験:
XR技術を活用することで、消費者は製品を仮想空間で試す、または実際の使用シーンを体験することができます。特にARやVRの統合により、より没入感のある体験が提供され、購買意欲の喚起や製品への理解が深まるでしょう。

3Dデータ管理:
PIMシステムは将来的に製品の3Dデータやその他の視覚データも一元管理して、XR技術、特にARやVRと連携することで、リアルタイムでの製品情報更新や視覚的な演出が可能になるでしょう。

IoT(インターネット・オブ・シングス)との連携

デバイス間の情報共有:
PIMシステムとIoTデバイスが連携することで、製品が自動的に情報を収集し、そのデータをPIMシステムにフィードバックすることが可能となります。これにより、製品の使用状況や消費者のニーズにもとづく情報の更新や提供が行われるでしょう。

AIとの深い統合

データ運用業務の自動化:
例えば、データモデル作成に必要な属性項目の作成や、PIMシステムにデータを取り込む際のデータ項目の名寄せ、パーソナライズドメッセージの作成など、製品情報の運用業務を自動化します。

予測分析:
消費者の購買傾向や市場の動向をリアルタイムで分析し、製品情報の表示や提供方法を自動的に最適化することが可能になります。

これらの技術的進化は、PIMシステムのさらなる機能向上と活用範囲を飛躍的に拡大させることが期待されています。未来のビジネス環境において、PIMシステムは中心的な役割を果たすとともに、革新的な顧客体験を提供するカギとなるでしょう。

まとめ

製造業において、複雑化し進化するマーケティングニーズに応えるためには、製品情報の一元的かつ効率的な管理が不可欠です。PIMシステムはその核として機能し、ビジネスの成長とイノベーションをサポートします。経営者やマーケターは、現代の競争が激化する市場において、このシステムの重要性を理解し、先進的な取り組みを推進する上でPIMの導入を真剣に考慮すべき時が来ています。

最後に

製造業の未来を切り拓くため、PIMシステムの導入と将来の構想を検討しませんか?
DNPはPIMについてはもちろんのこと、AR、VRなどのXR技術やIoT、AIなども得意分野としていますので、具体的なPIMの将来構想を描くことができます。
今こそ、製品情報管理の革新を通じて、次のステップへ一緒に進みましょう。

また、貴社の課題を解決するには、PIM以外のソリューションが必要となるかもしれません。DNPは貴社の真の課題を抽出し、貴社にとって最適な解決方法を、さまざまな製品・サービスを組み合わせてご提案します。

※2024年1月時点の情報です。


関連コラム

なぜ経営者やマーケターは「製品情報管理」のリスクを見過ごすのか?

なぜ製造業の経営者やマーケターは顧客体験の向上を製品情報管理から始めるべきなのか?

製造業向けPIMシステム入門 - なぜ今、経営者やマーケターが知るべきなのか?(このページ)

マーケター、IT担当者向け: 製造業の競争力を高めるPIM(製品情報管理)
~7つの基本機能・7つのマーケティング連携・7つのテクニカルな側面~


PIM/DAMの違い ~業務効率化億滴と顧客体験最適化目的での違い~

関連事例

株式会社Francfranc様
分散していた商品情報をContentserv(コンテントサーブ)で一元化
「Francfranc PIM」による素早いEC連携で社会や顧客の変化に柔軟に対応

大日本印刷株式会社 マーケティング本部
社内に散在する商材を集約し、商材や担当者の探索にかかっていた時間を大幅短縮
Contentserv(コンテントサーブ)を活用した「商材サーチ」構築のポイントに迫る!

関連ソリューション

MDM/PIMソリューション
企業の収益力を強化/戦略的な商品情報の管理と活用を支援

商品情報管理(PIM)システム Contentserv
商品情報を統合的にマネジメントし、顧客のProduct Experienceを向上

DNP商品情報管理システム PROMAX NEO(プロマックス ネオ)
商品情報・画像・資料などを統合的に管理するデータベース

DNPグローバルPIMシステム Pro-V(プロ・ファイブ)
企業の収益力強化に貢献する、戦略的商品情報の管理と活用

その他のコラム

関連する18分野を見る

関連する記事を見る