2020年度に植物由来原料のパッケージで3,300トンのCO₂を削減

環境貢献の可視化を目的に製品出荷量から算出

大日本印刷株式会社(本社:東京 代表取締役社長:北島義斉 資本金:1,144億円 以下:DNP)は、地球環境への負荷低減に向けて、「DNP環境配慮パッケージングGREEN  PACKAGING」(以下:GREEN PACKAGING)を開発・提供しています。さらに今年度は、製造時のインキを、石油由来のものから植物由来原料を一部に使用したバイオマスインキに切り替えるなど、製造における環境負荷低減の施策も導入しています。

DNPは、こうした事業を通じた環境への貢献度合いを可視化する取り組みのひとつとして、2020年度の1年間の植物由来原料を使用したパッケージの出荷量からCO2削減量を算出しました。その結果、石油由来のパッケージを使用した場合と比べ、その効果は森林263.4ヘクタール(東京ドーム56個分、杉23.6万本分*1)の吸収量にあたる3,300t(トン)のCO2削減に相当することがわかりました。

【環境負荷の低減などの取り組みについて】

DNPでは、GREEN PACKAGINGのラインアップとして、当社が開発した「DNP植物由来包材 バイオマテック®」シリーズの製品を2010年から提供しています。2021年1月には、食品や日用品など等のフィルム包装(軟包装)の印刷に使用する主要なラミネート用グラビアインキについて、植物由来の原料を一部に使用したバイオマスインキへ切り替えを開始しました*2

また、企業や生活者の環境問題への関心の高まりに応じて、DNPは植物由来原料の使用を増やしており、2020年度も、コロナ禍の影響で一部製品の需要が落ち込むなかで、前年度以上のCO2削減を実現しました。今年度より、バイオマスインキを使用した製品のCO削減量もあわせて算出し、算出を開始した2018年度からの累計では、8,800t以上の削減となりました。

【持続可能な社会の実現に向けた今後の展開】

DNPは2020年3月に、「DNPグループ環境ビジョン2050」を策定し、「脱炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」の実現を目指し、さまざまな取り組みを行っています。特に「脱炭素社会」の実現に向けては、2050年度までに自社拠点での事業活動にともなう温室効果ガス(GHG:Greenhouse Gas)排出量を実質ゼロにする目標を掲げるとともに、製品・サービスを通じたGHG排出量の削減を進めています。

国内外では今、コロナ禍からの経済復興とも関連して、地球環境に配慮し、脱炭素社会の実現を目指す考え方が広がり、特にGHG排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルに向けた動きが加速しています。また、2019年5月に日本政府が策定した「プラスチック資源循環戦略」では、「3R(リデュース、リユース、リサイクル)+Renewable」を基本原則とし、バイオマスプラスチックの最大限の使用を目指し、2030年までに約200万t導入する目標も掲げられています。

こうした動きに対してDNPの「バイオマテック」シリーズは、再生可能な植物由来の原料を使用することで、石油由来のプラスチックを削減してCO2を削減することが可能です。今後もDNPは、環境に配慮した多様なパッケージの開発を進め、製品やサービスを通した環境負荷の低減を推進していきます。


参考:「DNP植物由来包材 バイオマテック」について

DNPは、「GREEN PACKAGING」の展開により、「資源の循環」「CO2の削減」「自然環境の保全」という3つの価値の提供に努めています。また、原材料調達から製造、廃棄までのライフサイクル全体でCO2排出量の削減を推進しています。

この「GREEN PACKAGING」の柱のひとつが、「DNP植物由来包材 バイオマテック」シリーズです。サトウキビから砂糖を精製した際の副産物(廃糖蜜)を原料の一部に使用して、石油資源の使用量を削減しています。植物は生育の際に光合成によってCO2を空気中から取り込んでいるため、パッケージ使用後の焼却時に出るCO2と相殺できるという考え方に基づいています。この「バイオマテック」シリーズは、石油由来のプラスチックと同等の物性があり、食品や日用品など、誰もが手に取る商品に使用できるほか、石油由来のプラスチックと比べて、製品のライフサイクル全体でCO2の排出量を10%以上削減します。DNPは、2010年に「バイオマテックPEフィルム」を、2012年に「バイオマテックPETフィルム」を開発し、その後、シリーズのラインアップを増強しています。主な採用事例は、以下の通りです。

                                     
キユーピー株式会社「サラダクラブ ミックスビーンズ」(左)、日本盛株式会社「糖質ゼロプリン体ゼロ 2000ml」(右)

                                 

株式会社ブルボン「プチポテト のりしお味」(左)、森永製菓株式会社「大玉チョコボール(ピーナッツ)」(右)


*1 : 関東森林管理局のホームページ 森林の二酸化炭素吸収力より https://www.rinya.maff.go.jp/kanto/saitama/knowledge/breathing.html
*2 : 2020年12月10日ニュースリリース https://www.dnp.co.jp/news/detail/10159007_1587.html

*「DNP環境配慮パッケージング GREEN PACKAGING」について :  https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1190186_1567.html
*「DNP植物由来包材 バイオマテック®;」について :  https://www.dnp.co.jp/biz/solution/products/detail/1188719_1567.html

※バイオマテックは、大日本印刷株式会社の商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。