コーポレート・ガバナンス

DNPは、社会の持続可能な発展に貢献し、自身の企業価値を向上させて、あらゆるステークホルダーから信頼される企業となるために、コーポレート・ガバナンスの充実が経営上の重要課題であると考えています。
経営についての意思決定や業務執行、並びにそれらを監督・監査する体制を構築し運用するとともに、社員の研修・教育を徹底し、総合的にコーポレート・ガバナンスの充実が図れるよう努めています。

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンス及び内部統制の体制模式図

株主総会, 会計監査人,監査,取締役会,諮問委員会,経営会議,監査,監査役(会), 監査,社長及び統括担当取締役,業務執行部門,担当取締役及び担当執行役員,事業部門,グループ会社,(自律的に実施、点検、評価、改善), 報告,検査,指導,教育, 本社部門,企業倫理行動委員会,オープンドア・ルーム,(内部統制における統括),情報開示委員会,CSR・環境委員会,情報セキュリティ委員会,品質保証・製品安全委員会,中央防災会議,その他法令等の主管部門,(CSR・環境部、労務部、技術・研究開発本部、経理本部、事業推進本部、知的財産本部、コーポレート・コミュニケーション本部、法務部…) 報告,監査,指導,監査,指導, 監査室, 監査,報告,補助,監査役室, 報告,連携

コンプライアンス&リスクマネジメント

DNPでは、コンプライアンスやリスクマネジメントの強化にも取り組んでいます。常に高い倫理観を持って行動できる企業風土、あらゆるリスクに対しても速やかに対応できる強い企業体質を構築していくため、「法令と社会倫理の遵守」と「事業継続のための体制構築」に取り組んでいます。

法令と社会倫理の遵守

詳しく見る

事業継続のための体制構築

詳しく見る

コーポレート・ガバナンス報告書(PDF)(PDFを開く)