沿革

1876年の創業から現在までの、DNPの沿革をご紹介します

1876年(明治9年)

1大日本印刷の誕生

1876(明治9)年、東京・銀座に秀英舎発足。1935(昭和10)年に日清印刷と合併し、大日本印刷が誕生しました――。

1945年(昭和20年)

2新しい時代を迎えて

戦後の印刷業界では労働運動が激化しましたが、当社は労使協調を図り、出版印刷以外の分野に果敢に進出しました――。

1963年(昭和38年)

3経済変動の波に対応した躍進

1970(昭和45)年の大阪万博では、多数のパビリオン設計・製作を担当。これを契機に企画部門が活躍の場を広げました――。

1979年(昭和54年)

4明日への挑戦

マルチメディア分野の事業に力を入れたほか、ICカード、熱転写記録材、液晶ディスプレイ用カラーフィルターなどの新製品を事業化しました――。

1989年(昭和64年・平成元年)

5高度情報化社会の担い手として

IT社会の到来を事業拡大の好機ととらえ、インターネットやIPSをはじめとするソリューション型の事業に力を入れました――。

2001年(平成13年)

6豊かで創発的な社会に貢献するために

「未来のあたりまえをつくる」をキーワードに広報活動を展開。新しい製品やサービスの開発を通じて社会に貢献することを目指しました――。

2015年(平成27年)

7「P&Iイノベーション」で社会へ貢献

社内外との積極的な対話や協働を通じて「新しい価値」を生み出し、社会に貢献することを目指しています――。