DNPの価値創造プロセス

社会課題や人々の期待を把握・分析し(1)、「P&Iイノベーション」によってDNPならではの価値を開発・提供し(2)、さらなる価値の創出に向けて財務基盤と非財務資本を強化して(3・4)、新たな企業活動に再投資していく――。
この好循環を続けることによって、持続可能なより良い社会、より快適な人々の暮らしを実現していくことが DNPの価値創造プロセスです。

DNPの価値創造プロセスのイメージです。「第三の創業」の実現へ向けて オールDNPで1. 社会課題や人々の期待に応え 2. P&Iイノベーションによる「事業の推進」 と、3.財務基盤の強化 4.非財務資本の強化による「基盤の強化」を行うことで、社会課題を解決するとともに人々期待に応える新しい価値を提供し続けます。ひいては「未来のあたりまえをつくる」ことにつながります。

1. 社会課題や人々の期待

DNP自身が主体となって、社会や人々と直接向き合い、大きな潮流(メガトレンド)を把握・分析し、DNPの強み・資本を活かして、社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える新しい価値の創出につなげていきます。

価値創造の起点 メガトレンドから成長領域を特定する

グローバルな社会課題やメガトレンドを分析し、ステークホルダーの関心・影響やDNPにおける重要度などを勘案して、「重要課題」を設定しています。

メガトレンドから「解決する社会課題・提供する価値」を特定し、DNPにとっての重要課題と位置づけている。「データ経済化」「国内の人口減少と世界の人口増」「人類の長寿命化」「デジタルトランスフォーメーション」「都市化のスマート化」「脱炭素社会の構築」における解決すべき社会課題と提供する価値の一覧。

DNPの価値創造に関連深いリスク

経済関連のリスク
  • 働き方や生活様式の変化の加速
  • 国内外の景気・消費動向・為替等の大きな変化
  • 迅速かつ多様な技術革新の影響拡大、開発競争の激化
社会関連のリスク
  • 企業の社会的責任(CSR)遂行に向けた課題とニーズの拡大
  • 人的資本の強化に関する課題・ニーズの広がり
  • 国内外のメガトレンドの大幅かつ急激な変化
環境関連のリスク
  • 「脱炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」の実現に向けた課題とニーズの拡大

2. P&Iイノベーション

DNP独自の「P&I」(印刷と情報:Printing&Information)の強みを生かし、多くのパートナーとの連携を深めて、今までにない革新的な価値を創造する「P&Iイノベーション」を推進しています。具体的には、DNPだからこそ解決可能な社会課題や人々の期待を明確にし、新しい価値によって事業を拡大していく「4つの成長領域」を設定。さらに高い収益性と市場成長性を軸とした「注力事業」に経営資源を集中させていくことで、人と社会をつなぐ価値の創出をより効果的、効率的に推進していきます。

知とコミュニケーション

食とヘルスケア

住まいとモビリティ

環境とエネルギー

DNPグループビジョン「4つの成長領域」について詳しくはこちら

DNPのビジネスモデル:価値創造プログラムによりP&Iイノベーションを加速する

グループ全体に存在する強みを掛け合わせて総合力を発揮する「オールDNP」を推進して、“価値のタネ”を発見し、仮説検証を繰り返し、最適なビジネスモデルを構築する「価値創造プログラム」を実行していきます。独自の「P&I」の強み、多くのパートナーとの連携の強み、挑戦し続ける社員の強みなどを活 かし、あらゆるステークホルダーに価値を提供して、その対価である利益を拡大することで企業価値を高めていきます。

■価値創造プログラム

価値創造プログラムのイメージ。“価値のネタ”を発見し、仮設検証を繰り返し、最適なビジネスモデルを構築していく。オールDNPで総合力を発揮して取り組むことで、「社会課題を解決するとともに、人々の新しい価値」を生み出す。その対価として利益を得ている。

■4つの成長領域における注力事業の例

4つの成長領域における注力事業の例のイメージです。

3. 財務基盤の強化

事業別ROA等による目標管理、政策保有株式の縮減、遊休資産等の圧縮のほか、各種資本政策によって財務基盤を強化していきます。

「ROEの改善・向上」と「P&Iイノベーションによる価値創造」をベースに、「資本効率の向上」「財務資本の強化」「株主還元」による財務基盤の強化のイメージです。

4. 非財務資本の強化

財務資本とともに、DNPならではの各種非財務資本の拡大・強化に努め、それぞれの資本の強みを掛け合わせる統合的な経営を推進し、さらなる価値創出に向けて資本を再投資していきます。

人的資本
  • DX人財の処遇・育成強化
  • ダイバーシティ&インクルージョンの推進
  • 従業員数:37,062名 (国内33,308名、海外3,754名)
知的資本
  • 事業創造型の研究開発体制
  • 国内保有権利数
    特許権:11,525件、意匠権:1,395件、商標権:1,192件
  • 研究開発費:326億円
社会・関係資本
  • 多様なステークホルダーとの長期にわたる信頼関係
  • サステナブルなバリューチェーンの構築
    • 数万社のビジネスパートナー
    • 教育・研究機関
    • スタートアップ企業
    • 地域・自治体
    • NPO/NGO/各種団体
    • その他
製造資本
  • 安定した製品・サービスの供給体制
  • グローバルな生産拠点 国内61カ所、海外16カ所
  • 設備投資額:716億円
自然資本
  • 「DNPグループ環境ビジョン2050」「生物多様性宣言」等の策定
  • 温室効果ガス(GHG)排出量の削減 2015年度比 30.3%減
  • 水の循環利用量 231,630千㎥ 利用倍率 31.1倍
  • 「印刷・加工用紙調達ガイドライン」適合率100%を目指し、
    トレーサビリティの確保や持続可能な用紙調達を推進。

(2021年3月期、2021年3月末現在)