キャリアデザイン・制度CAREER

DNPでの
キャリアデザイン

社員一人ひとりが日々自らを磨き続けることー。
それが、人と社会をつなぎ、新しい価値を提供するために、DNPが大切にしていることです。
そのために、DNPでは以下の仕組みを提供しています。

社員一人ひとりの成長を
支援するプログラム

DNPは、自らを磨き続ける上で必要な知識や技術を
身につけるためのプログラムを行っています。

STEP01 / 02~05キャリアデザイン研修

「人生100年時代」を迎え、大きく変動する社会の中で、社員一人ひとりが変化を的確に捉え、柔軟かつ能動的にキャリア形成を進める力を身につける研修です。

STEP01~05個人MBO制度
(MBO:Management By Objectives)

組織目標に連動させた個人目標の業務マネジメントを実現するとともに、「部下育成」をはじめとした「人材育成」を目的とした仕組みです。各人が業務課題や人材育成テーマの設定を行い、「リアルタイムの対話型マネジメント」によって上長との対話を実施し、期中での進捗確認・目標達成に向けて取り組みます。

STEP01~05ダイバーシティ推進プログラム

DNPは一人ひとりの「違い」を尊重し、互いに受け入れ、その多様性を活かすことにより、社員一人ひとりと組織が持てる力を最大限に発揮し、新しい価値の創出につなげていくために、多様な考え方を知り、サポートしていくための取り組みを行っています。ダイバーシティに対する理解を深めるための「LGBT研修」「ノーマライゼーション教育研修」や、多様性をサポートするメンター制度、女性活躍を推進する「次世代女性リーダー育成研修」、職場でのダイバーシティ推進を促す「ダイバーシティ推進リーダー育成研修」により、多様な視点を得ることができます。

STEP01~05スキルアッププログラム

専門性の向上やキャリアアップに必要となるスキルを修得するための機会を幅広く提供しています。さまざまなテーマのセミナーやネットワークを活用し、主体的かつ積極的に学ぶことができます。

ビジネススキルセミナー
各分野で必要となる基礎知識や専門知識(テクニカルスキル)の修得、自己管理能力や対人能力(ヒューマンスキル)、情報や概念を扱う能力(コンセプチュアルスキル)の開発に向けて、年間約60講座もの多彩な研修プログラムを提供しています。
国際コミュニケーションスキル研修/異文化理解研修
DNPの事業フィールドでグローバルビジネスを遂行できる人材育成の一環として、語学力(英語・中国語・韓国語)の向上を図り、また、異なる文化・価値観の相手とビジネスを効果的に進めるために必要なコミュニケーションの基礎的心構えと対処法を学びます。
通信教育講座
社員一人ひとりが自立した個として、最大限に役割を果たし、自らの成長と自己実現を図ることができるよう、200を超える講座を開講しています。TOEIC受験対策等の語学やMBA等の資格取得を目的とした講座をはじめ、仕事以外の一般教養や生活の場の知識を増やせる講座など、自己啓発に役立てられます。修了者には、奨励金として会社から受講料の半額相当が援助されます。
ICT人材育成プログラム
将来の事業展開のためにDNPに必要となるICT人材の育成を目的として、事業ニーズと最新技術トレンドに適合した研修を実施しているほか、スキルやタスクの可視化によるキャリアディベロップメントプログラムを構築しています。
ネットワークラーニング
全社員、もしくは特定部門(職種・階層)の社員に必要とされる知識について、自席のパソコンから受講できるネットワークラーニング講座を多数開講しています。受講のタイミングを自ら選択し、自分のペースでスキルアップできます。

自らの可能性を拡げ、
自らを進化させる制度

自らの強みを活かし、新たなフィールドに
チャレンジするためのきっかけを提供しています。

社内人材公募制度
製品開発、技術開発、事業開発及び新しいソリューションの開発を実現できる専門的な能力・経験を有する人材を社内で公募し、そこにチャレンジしたい人は自由に応募できます。社員が能動的に職場を選択できる機会をつくり、キャリア形成を支援する制度です。
社内留学制度
担当業務の幅の拡大や、スキル・質の向上を目指し、社員の自発的な意思によって一定期間他部門で経験を積みます。その後、元の部署に戻って、習得した知識・能力と経験を活かしていく制度です。
自己申告制度
社員が自らのキャリアプランを描き、その達成のための自己啓発や異動の希望を「自己申告書」に記入し、年1回上長に申告する制度です。会社のニーズと合致した場合、実現に向かいます。
社内FA制度(FA:Free Agent)
一定の経験・スキルを持った社員が、希望する職種や部門への異動を、自ら積極的にアピールできる制度です。
副業・兼業
社外の視点を積極的に取り入れることを目的として、本業に支障が出ない範囲で、DNPのイノベーションに寄与するような副業・兼業に臨むことができます。
ジョブ・リターン制度
一度DNPを離れた社員が、一定の選考基準に基づいて再雇用となった場合に、社外で培った力や新たな視点をDNPで再度活かすことができます。

ライフスタイルの変化に応じて、
自らの働き方を選ぶ仕組み

ライフスタイルに変化が生じた場合も、自らをどのように磨き続けたいのかを考え、
選ぶことができる仕組みを提供しています。

ワークスタイル
各人の業務特性や時間制約の事情に応じた、さまざまな勤務体制を構築しています。フレックス勤務制、裁量労働制、短時間勤務制度といった勤務時間に対応した制度だけではなく、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方の推進・支援としてテレワークも導入しています。モバイル端末の貸与や新たな社内ネットワーク基盤の導入など、効率的な働き方を支援するIT環境の整備も進めています。
出産・育児
産前・産後休暇や、子どもが2歳になるまでの期間で育児休業を取得することができます。育児休業の期間や復帰のタイミング、その後の働き方などを事前に相談した上で復帰できます。短時間勤務制度を活用するなど、仕事と家庭の両立を図るための環境づくりを共に行っていきます。
介護
介護対象者1人につき、延べ366日まで、12回を上限として介護休業を分割取得できます。また1年間に5日(対象家族2人以上の場合は10日)まで、介護休暇を取ることもできます。

受賞・選出

ワークライフバランス大賞を受賞
組織と個人が連動した働き方改革と、従業員のキャリア形成・自己実現の支援が評価され、「第9回ワークライフバランス大賞」を受賞しました(2016年)。
子育てサポート企業に認定
DNPは、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けています。
ダイバーシティ経営企業100選に選出
多様な人材を活かし、その能力を最大限に発揮できる機会を提供することでイノベーションや価値創造につなげる「ダイバーシティ経営」に優れた企業を表彰する経済産業省の制度です。
DNPの女性活躍推進策や、時間資源の有効活用によって仕事の付加価値を高める「働き方の変革」などの取り組みが評価され、2015年に「ダイバーシティ経営企業100選」に選出されました。
準なでしこ銘柄に選出
企業における女性活躍推進の取り組みの一層の加速を目指し、経済産業省と東京証券取引所が共同で女性活躍推進に優れた企業を選定しています。DNPは企業の将来的な成長を期待する観点から、「なでしこ銘柄」に準ずる企業として「準なでしこ」に選出されました(2019年)。